FC2ブログ
2018.11.13 17:46|レッスン:保育園
たけぞの

こちらは、今年春から伺っている保育園さんです。

ポッポ保育園さんは、
吹田や箕面、その他のエリアにおいて
複数の保育園を運営されています。

私は、こちらの吹田ポッポたけぞの保育園さんと、
吹田ポッポひかり保育園さんで
リトミックのレッスンをさせていただいています。

そして、今日は何を書きたいかというと、
たけぞの保育園さんで、先日から、
レッスン前にその日の指導のポイントを担当の先生にお伝えして、
レッスンをおこなうということを始めています。

保育園さんでは今まで、
レッスン後に先生とお話したり、
報告書をお渡しすることはあっても、
こういうことはしていませんでした。

先生方からのお申し出なのですが、
リトミックを保育に生かしていきたいという思いが、
伝わってきます。

リトミックのレッスンは、動きのすべてにねらいがあります。
そして、幼児の発達に合わせた
段階的なカリキュラムになっています。

そばにいて一緒に動いていただく先生に、
そこをよく理解していただけることは、
子供たちの大きな助けになりますし、
吸収力に今後差が出てくると思います。

もう一つのひかり保育園さんでは、
3歳さんのクラスで、リトミックのリズム活動を
保育で繰り返しおこなってくださる先生もいます。

その日、子供たちにとって難しいと思った動きでも
次の回ではできていることがあり驚きます。
そして何より、よく音が聴けています。

そう、子供たちは繰り返しすることで、大抵のことは習得できると
私は日々レッスンをして感じています。

月2回のレッスンだと、その日することに限りがあるのですが、
このように園の先生方のお力を借りて、
子供たちがもっと楽しくリトミックができるように、
私も考えて進めていかないといけないと、
気づかされた出来事でした。

園の先生は皆さん本当にパワフルですね。
子供たちの発達において一番大切な時期を、
おうち以外の場所では先生がずっと一緒に過ごす訳ですから、
尊い仕事だと思います。

リトミックは、その中での極々わずかな時間ですが、
お役に立てたら嬉しい、そんな思いです♪


スポンサーサイト
2017.05.21 07:11|レッスン:保育園
なないろの森音楽教室における保育園でのリトミックは、
遡ること2012年から。

大阪市北区のにじのとり保育園さんにて、
今も月2回レッスンさせていただいてます。

0716かけあしドンすわれ


150625ハンドサイン②

レッスンの流れ、子供たちとのやり取り、
年齢別にどういう動き方をすれば楽しめるか、
毎回毎回、本当に貴重な経験をさせていただいています。
私のリトミック指導の原点です。

今年度より、吹田・豊中という自宅があるエリアで、
新たに2つの園に伺うことになりました。

数年前から漠然と自分の中で、
こんなことができたらいいなと考えていたことが、
古い友人から、リトミック研究センターの先生から、
それぞれ別のルートでお話をいただいて、実現しています。
大変ありがたいことだと思っています。

政府が掲げた、
2017年度末までに待機児童をゼロに!という目標。
今年度中の達成は難しいみたいですけど、
確実に、保育園が増えていますね。

新たな2園も新設認可保育園さんです。
「リトミックを保育園に取り入れたい」とのことで、
園長先生のご意向もしっかりお聞きした上で、
伺わせていただくことになりました。

保育園でのリトミックって何をするの?
お遊戯とは違うの?

またゆっくり書きます(^^)

一先ずは、ご報告ということで、
新しい沢山のお友達と共に、
これからも楽しい時間を作っていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。


11 | 2018/12 | 01
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

きたむられいこ

Author:きたむられいこ
リトミック研究センター指導者会員
中学高校音楽科教員免許
なないろの森音楽教室HP
http://nanaironomorimusic.jp/
メールアドレス
nanaironomori.music@gmail.com

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

RSSリンクの表示